2013年12月19日

シノビガミリプレイ『我は唄う、誰がための挽歌』/メインフェイズ:第1サイクル目

GM:はーい。では、メインフェイズ参りましょう。よろしくお願いしまーす!
椎芳 葵央:よろしくお願いいたします!
烏丸 縁:よろしくどうぞ
GM:では、どちらから先に行きたいという順番の希望などありますでしょうか?
烏丸 縁:お先にどうぞ^^
椎芳 葵央:あれ? お先にどうぞ、と言おうと思ったのですが。
烏丸 縁:PC番号的に?w
椎芳 葵央:うへえ。
GM:じゃあ、それでよろしいですかね?>葵央さん
椎芳 葵央:えー、では僭越ながら、先にさせていただきましょうか。
GM:はい、では参りましょう。

■第1サイクル:椎芳 葵央/逃れえぬ遁走曲(フーガ)

GM:ドラマシーンですよね?
椎芳 葵央:ええ、まあ。【居所】ないですしドラマシーンで。シーン表はオリジナルでしたっけ。
GM:ええ。

5:発電所。いくつもの巨大なタービンが唸りをあげて回転する重工業施設だが、あらゆる場所が漏電と爆発を繰り返し、プラズマと炎渦巻く大変な危険地帯と化している

GM:というシーンです。さて、どうします?
椎芳 葵央:うひゃあ。物騒だ。
烏丸 縁:もうここで洋画なら1人は落ちる……
GM:パニックものとかだとお馴染みのシーンですねw
椎芳 葵央:高速機動が続かなかったので、今となっては必死で走るのみ。その間、そんな危険地帯に飛び込んでしまった。
椎芳 葵央:「もう……やだ……なんなんですか!」熱気と疲れに思わず半ば悲鳴じみた悪態。だが、反応したのは目の前が、無慈悲に爆発するのみ。

GM:葵央くんは性別どちらとも取れる感じの言動が面白いですねぇ
椎芳 葵央:まだ全部決まったわけじゃないんだ!
烏丸 縁:ボクっ娘の可能性が若干あるらしいので……
椎芳 葵央:というわけで、縁さんの【秘密】を調べるべく。《遁走術》で安全な場所を確保しながら、行動の痕跡を探りたい、というのが希望ですが。
GM:はーい。では、判定をどうぞ。
椎芳 葵央:2d6>=5 (判定:遁走術)
ShinobiGami : (2D6>=5) → 8[3,5] → 8 → 成功

GM:お見事!
椎芳 葵央:というわけで、安全地帯を確保しながら、気づくわけですよ、縁さんの行動痕跡に。
GM:では、これで縁くんの【秘密】は公開となります。
GM:少々お待ちを。今から貼ります。

烏丸 縁【秘密】
実はPC1は、あなたの細胞から生み出されたクローン体だ。
優秀な忍者であるあなたの身体能力に目をつけた斜歯忍軍は、あなたの細胞を用いて大量のクローン忍者兵を培養生産する計画を目論んだ。
その上、彼らはオリジナルであるあなたを抹殺すべく刺客の機忍軍すら差し向け、あなたの大切な仲間たちをも皆殺しにした。
あなたは激怒した。なにより、この世に自分という存在は1人だけでいい!
あなたはクローン体を大量生産していた斜歯忍軍の秘密基地を探し出し、その研究成果のすべてを破壊した。
だが、まだPC1が生きていた。ヤツを殺し、この馬鹿げた計画に終止符を打たねば。

GM:……と、いうわけなのです。
椎芳 葵央:「……え……」なんとか確保した安全地帯の中、その事実は……状況証拠と奇跡的に残っていた機械類から察するのかな。で、直後炎が及んで爆発する。
椎芳 葵央:左手に残されていた「K10」の文字。その意味に思い至って、ぞっとします。

烏丸 縁:「KARASUMA-10」かな?
椎芳 葵央:もしかしたらそうだったのかも。
烏丸 縁:何人いたんだクローン……
椎芳 葵央:大量生産実験して、実は葵央が最終体だった可能性もあれば、もっといっぱいいた可能性も。事実はすでに炎の中!
椎芳 葵央:「僕、は……あの人の……」呟きながら、施設の奥へ行くべきか、脱出するべきか悩み、まったくこの場所の構造が分からないことに気づいてとにかく走る。
椎芳 葵央:まだ『自分』生き残りがいるのか? それともこの場から逃げ出して……どうなるのか。それがわからないながら、とにかく今は走る。事実がわかっても、僕は僕なのだから。まだ、……まだ、死にたくない。

GM:はい、ナイスなリアクション、ありがとうございます! では、これにてシーンを終了してよろしいでしょうか?
椎芳 葵央:あ、はい。大丈夫です!
GM:はーい、ではこれにて葵央くんのシーンは終了です。お疲れ様でしたー!
椎芳 葵央:はーい!

GM:では次、縁さんのシーン参りましょうか!
烏丸 縁:YES!

■第1サイクル:烏丸 縁/秘めたる刃の交唱(アンティフォナ)

GM:さて、どうします?
烏丸 縁:せっかくいただいた【居所】ですので……戦闘を仕掛けようかなと思います
椎芳 葵央:高速機動が続かなかったので、今となっては必死で走るのみ。その間、そんな危険地帯に飛び込んでしまった。
GM:では、まずはシーン表をどうぞ!

3:武器庫。どうやら銃火器の類いが納められていた場所のようだが、今やあらゆる火薬に引火して誘爆し、危険な炎の海と化している。あちこちに転がっている死体は警備兵の成れの果てだろうか?

GM:というサツバツプレイスが戦場です!
烏丸 縁:その死体を作ったのは……
椎芳 葵央:どこもかしこも物騒だな……(当たり前だ)
GM:そこに逃げ込んでいた葵央くんの前に立ち塞がる縁さんという感じですかね?
烏丸 縁:残念、すでに回り込まれていた
椎芳 葵央:「……ッ!」それこそ鬼でも見たかのごとく立ち竦みますよ。
GM:お互い一言交えてから戦闘に入りましょうか。
烏丸 縁:忍びに語る言葉など不要とでも言わんばかりに刀を抜き、そして構える。
烏丸 縁:ただただ相手を見据える。炎の輝きがその目に映る

GM:おお、敢えて無言ですか。渋い。
椎芳 葵央:その表情に、覚悟を決める。表情から怯えが消え、決意に満ちた表情に。
椎芳 葵央:同じ──自らよりも大人びた顔を、まっすぐに捉える。無言で視線に込めた意思はただひとつ、『生き抜いてやる』──と。

GM:では、同じ貌でありながら、氷の殺意と炎の意志を宿した視線が交錯します。
GM:周りで爆発する炎がじりじりと二人の肌を焼き、その額からつぅーと汗が零れ落ちた刹那!
GM:二人は同時に高速機動に入りました。
GM:さて、戦闘を開始しましょう!
椎芳 葵央:おー!
烏丸 縁:──いざ

●ラウンド1
GM:まずはプロットから。
GM:よし、ではオープンしてください!

        烏丸 縁    椎芳 葵央

烏丸 縁:なにー!!
椎芳 葵央:ぬーん。何もできない。
GM:お互い攻撃する手はない感じですか?
烏丸 縁:僕は【神槍】を使います
烏丸 縁:指定特技は《手裏剣術》
烏丸 縁:振っても?

GM:はい、では縁さん、判定をどうぞ!
烏丸 縁:2d6
ShinobiGami : (2D6) → 7[1,6] → 7
烏丸 縁:成功

GM:お見事!
椎芳 葵央:うーむ、回避判定します。
GM:では、回避判定どうぞ!
椎芳 葵央:2d6>=6 (判定:遁走術) あ,普通に判定ですよ。(※「特殊な回避行動」ではないという宣言)
ShinobiGami : (2D6>=6) → 4[1,3] → 4 → 失敗
椎芳 葵央:「神通丸」じゃオラ!

GM:どうぞーw
烏丸 縁:くw
椎芳 葵央:2d6>=6 (判定:遁走術)
ShinobiGami : (2D6>=6) → 9[3,6] → 9 → 成功
椎芳 葵央:ふう。

GM:うむ、お見事!
烏丸 縁:ぐぬぬ

●ラウンド2
GM:はい、では次のラウンドに行きましょうか。
GM:再びプロットをどうぞ
椎芳 葵央:はーい。こちら決定しました。
GM:よし、ではオープン!

            椎芳 葵央
烏丸 縁
    

椎芳 葵央:うへえ!
GM:被った!
烏丸 縁:同時か
GM:同時行動ですね。PC番号順に処理していきましょう。
椎芳 葵央:できれば縁さん先のほうがいいんですけど。
GM:ん、縁さんが先の方がいいですか?

(ここでGM、キャラクターシートを確認)

GM:ああ、そうか! そうですね。では、それでよろしいですか?>縁さん
烏丸 縁:うーむ……迷うなぁ……何やるか
烏丸 縁:そうですね……では……【奥義】使います

椎芳 葵央:ほう!
GM:おおー。演出をどうぞ!
烏丸 縁:自分に情けなど無かった。しかし【神槍】をあっさりと避けた相手に対し縁は思う
烏丸 縁:『情けなど最早微塵もない。全身全霊、己の持つ【奥義】で一瞬でカタを付ける!!』
烏丸 縁:その刹那、縁の身体がメキメキと歪な音を立てる。本来人にはないはずの腕が生える、その数実に6!!
烏丸 縁:「武神変化……阿修羅丸──」


■奥義
《武神変化【阿修羅丸】》

指定特技 :異形化
エフェクト:クリティカル/断ち/回数制限
効果・演出:己の肉体を造り変え、阿修羅となり繰り出す必殺の一撃

椎芳 葵央:その表情に、覚悟を決める。表情から怯えが消え、決意に満ちた表情に。
烏丸 縁:「灰塵トカセ──」
烏丸 縁:阿修羅となった縁は目の前の標的に6本の腕それぞれに獲物を持ち、相手を切り刻む

椎芳 葵央:防げませんね。ダメージ決定お願いします。
烏丸 縁:5d6
ShinobiGami : (5D6) → 19[1,1,5,6,6] → 19

椎芳 葵央:「忍術」以外削ります。「器術」、任意、「戦術」、「妖術」、任意。
GM:はい。そして次は葵央さんの処理行きましょう。
椎芳 葵央:まあ、大体想像ついていると思うんですけど。【奥義】打ちますよ。まったくもう!(理由は後で言う)
GM:はい、どうぞw

■奥義
《骨起伏霊》

指定特技 :異形化
エフェクト:クリティカルヒット/断ち/回数制限
効果・演出:主に腕の骨を伸ばして刃とし、対象を切り裂く。戻すのに時間がかかるゆえに乱発は不可能。

烏丸 縁:奥義かぶっとるやないか……
GM:そうなんですよw
椎芳 葵央:そう。奥義種類、指定特技、強み、弱み、全部一緒。演出形態も似ている。笑うしかなかったんです。
烏丸 縁:何それコワイ
GM:ここまでシナリオに沿ってもらえるとGM嬉しいなぁ!w
椎芳 葵央:6本に増えた腕の獲物に切り裂かれる中、その隙間から右腕の骨が肘を突き破って生える。
椎芳 葵央:そしてその一撃は、連撃の隙間をかいくぐるようにして──届く!
椎芳 葵央:振りますよ?(ダメージ決定)

GM:どうぞ!
椎芳 葵央:5d6
ShinobiGami : (5D6) → 19[1,3,4,5,6] → 19

GM:体術以外全部つぶれた!
椎芳 葵央:……何っ、全部目が違う!? みたまんまどうぞ。「体術」以外です。
椎芳 葵央:おたがい必要な特技はつぶれていないというのが恐ろしい。

烏丸 縁:不穏だわ……
GM:では、お互いの【奥義】情報欄にチェックを。次回からは「奥義破り」が可能になります。
椎芳 葵央:了解です。
GM:そして、ダメージが同時に適応されるので、お互い脱落。この戦闘の勝者はなしとなりますね。
烏丸 縁:OKです
椎芳 葵央:はいです。
GM:では、互いの奥義で深手を負ったあなたたちは、互いに炎の中に消えてしまう、という感じでよろしいでしょうか?
椎芳 葵央:こちらOKです。
烏丸 縁:そうですね。「やはり……貴様は──」と炎の中に消えながら言いましょう
GM:はい、ではその呟きをもってシーンを〆ましょう。おつかれさまでしたー!
烏丸 縁:お疲れ様です・・・情報出遅れてしまった

GM:そして、ここからはマスターシーンが入ります。
椎芳 葵央:お疲れ様です。マスターシーン!

■第1サイクル:マスターシーン/歪んだ瞑想曲(コンテンプラツィオーネ)

GM:縁さん、あなたは先ほどの戦闘から逃れた先で、ダメージの深さから意識を失ってしまいます。
烏丸 縁:情けなひっ
GM:そして、その脳裏にある情景がフラッシュバックで蘇ります。
GM:それは夏の夜空に大輪の華を咲かせる花火でした。
GM:色とりどりの花火が、美しく夜空に咲いては消えてゆきます。
GM:あなたが思わず綺麗だな、と感じた瞬間、
GM:「綺麗……」と隣で呟く声がします。どうしますか?
烏丸 縁:うぬぬ
烏丸 縁:ではその声にうむと頷きながら「故に儚い──」と目を細めながら消えゆく花火の残光を見つめます

GM:声の方は敢えて見なかったということでよろしいですか?
烏丸 縁:いえ、見ます。
烏丸 縁:「俺達も花火のように華々しく咲き、そして散るのだろうか」と言いながら相手を見ます

GM:では、そこで陶然と花火を見上げていたのは、あなたの妹でした。名前は設定されてますか?
烏丸 縁:はい、烏丸廻(カラスマ メグル)です
廻:「そうだね……それが私たち忍びの運命(さだめ)なら……」
GM:そう寂しそうな声色で返す廻。あなたが思わず彼女の横顔を見ると……
GM:ぐにゃあ! と彼女の顔面の空間が歪に変形し、再び戻った時
GM:そこには観た覚えのない美女の顔がありました。
烏丸 縁:なん・・・だと
???:「でも、本当に綺麗……」
GM:そして、次の瞬間、あなたは物凄い汗をかきながら喘ぐように覚醒します!
GM:さて、縁さんのリアクションでこのシーンを〆ましょう。どうぞ!
烏丸 縁:え? え? これ起きた時に女性の顔があったんです?
GM:違います。今までのはすべて回想(?)でした。今は爆発する基地の中、ひとりぼっちです。
烏丸 縁:ふむ……では
烏丸 縁:「──廻ゥゥウゥウウウッ!!!」と夢と現が混じりあった感覚を持ったまま絶叫する。その叫びは爆発の音にかき消されていく

GM:おお、いい慟哭ですね! ありがとうございます!
GM:では、これにてマスターシーンは終了とさせていただきます。

GM:そして同時にメインフェイズもこれにて終了。次はいよいよクライマックスフェイズです。
椎芳 葵央:おおー!! クライマックス! 待ってました!
烏丸 縁:なんと濃い・・・ここまで


posted by punchlow at 14:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。