2013年12月19日

シノビガミリプレイ『我は唄う、誰がための挽歌』/シナリオ概要

タイプ:対立型
リミット:1
プレイヤー人数:2人

■あらすじ
目覚めればそこは炎の海。今にも燃え落ちそうな部屋の中、目下で死したる白衣の美女。
ここは何処だ? 彼女は誰だ? いや、それ以前に“自分”は一体誰なんだ?

何もわからぬ我が身を呪い、部屋の外へと飛び出せば、炎の彼方に影一つ。
そこにいたのは同じ顔。殺意に満ちた影法師。
鬼さんこちら、手の鳴る方へ。鶴と亀とが滑ったら、後ろの正面だあれ?

因果は巡る糸車、巡り巡って風車。
この世が胡蝶の夢ならば、夢見ているのは人か? 蝶か?

■PC1(推奨流派:なし)
あなたはわけのわからぬ機械類に囲まれた無機質な部屋の中で目を覚ました。
何故か周辺は炎に包まれており、まさに崩壊寸前。
そして目の前には血だまりに倒れ伏し死んでいる美しい白衣の女性。
ここは何処だ? 彼女は誰だ? 何より自分は一体何者だ?!
なんてこった、自分の名前しか憶えてない!
混乱したまま、部屋の外へと脱出したあなたを待ち受けていたのは、あなたと瓜二つの顔をしたPC2だった。
PC2はあなたを殺すつもりだ。
冗談じゃない! 何もわからないまま殺されてたまるものか!
【使命】
生き延びる(クライマックスフェイズで脱落せず、エピローグを迎える)

■PC2(推奨流派:なし)
あなたは艱難辛苦の果て、ようやくその目的を果たそうとしていた。
これですべてを終わらせることができる。
侵入した敵地を爆破し、脱出しようとしたあなたの目前にあなたと瓜二つの顔をしたPC1があらわれた。
まだ生き残りがいたのか! あなたは最後の仕上げを完遂すべく、逃げ出すPC1の後を追った。
【使命】
PC1を殺す(クライマックスフェイズで脱落せず、エピローグを迎える)


posted by punchlow at 12:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。