2013年02月23日

シノビガミリプレイ『去りにし日々、今ひとたびの幻』弐の巻/メインフェイズ:第1サイクル目

GM:では、第1サイクルから参りましょう。どちらから行きたいという希望はございますか?
ミクニ:先にいこうかな?
篝 義暁:どうぞ!>ミクニさん先手
GM:了解です。では、ミクニくんからで

■第1サイクル:ミクニ/合わせ鏡の囁き

GM:まず、ドラマシーンですか、戦闘シーンですか?
ミクニ:ドラマシーンで。
GM:はい。どなたかの【秘密】を抜くということでよろしいですかね。篝さんか、雪花か。
ミクニ:勿論暁兄の【秘密】を抜きに行きます(きらきらした眼差しで)
GM:了解ですw では、まずシーン表を振ってみてください。「nap」と入力すれば結果が出ますので。
ミクニ:nap
ShinobiGami :夜の遊園地表(3) → 無人のミラーハウス。無数の鏡の迷宮に映るあなたの姿。だが、その中に明らかにあなたのものではない影が動いた気がして、じっと目を凝らす。

GM:ふむふむ。
※ここでGMはミラーハウスのカットイン画像を表示。
GM:こんな感じの場所です。画像出ましたかね?
篝 義暁:おおおおおおっっ!!
ミクニ:出ました。なんか人影あって怖い、PLが。
GM:お気になさらずw では、演出どうぞ。
ミクニ:今は誰も絶叫などしないジェットコースターが大人しい蛇の様に静かに眠るのを横目に見やりながら、ミラーハウスにたどり着く
ミクニ:子供たちや、あるいは…大人の嬌声や笑い声の名残を感じながら、奥へ。「うん。だから、ごめん」あまり深刻に思えない口調。いつもこうで、テンションの波が見えない。
ミクニ:「そう簡単に、とか困るし」罪悪感も達成感も見えない顔で振り返り、鏡の向こう側を見やる。一時的にだがあのひとを撒くのに成功はした。だがそう多くの時間は稼げないだろう。「暁兄、だもの」口の端が柔らかくその名を口にする
ミクニ:「聴かせて。秘密とは明らかにした重さが意味を為すもの」ヘッドホンからは変わらずに流れる音楽。そのパルスの内側と、向き合う自分であってそうじゃない影達に問う。《死霊術》で判定したいです。

GM:どうぞ!
ミクニ:2D6>=5 (判定:死霊術)
ShinobiGami : (2D6>=5) → 6[2,4] → 6 → 成功

篝 義暁:成功ですねっ!
GM:おめでとうございます! お見事!
ミクニ:こけなくて良かった(切実)
GM:では、PC1の【秘密】を公開いたします。しばしお待ちを。

篝 義暁【秘密】:
実はあなたは雪花が殺された時の記憶を断片的にしか覚えてない。
かすかに覚えているのは降り積もる一面の雪、血に塗れてもなお美しかった彼女の死に顔、そして最後まで紡げなかった彼女の「ごめんなさい、本当は私……」という遺言、その場にいたPC2が彼女を殺したとあなたに告白し、激昂して交戦したあなたに深い傷跡を残して逃走したという記憶だけだ。
また、その時のことを詳しく思い出そうとすると、あなたは必ず激しい頭痛と吐き気に襲われる。

GM:こういう【秘密】だったのです。
篝 義暁:PC1はたいてい生贄枠なのですHAHAHA    HAHAHA。
GM:ともあれ、この【秘密】を知ったミクニくんのリアクションやいかに?
ミクニ:「そうだね。取り返しがつかない、とはそういうことだから」正しさなんか何も、誰も救わない。黒々と口を開けた闇はどんな労わりや愛情でも塞げはしない。塞げるかもしれないその人はもういない。
ミクニ:「不幸は多様だけど幸福は均一なんだし」テンションを伺わせない、そっけない口調で「孤独や寂しさじゃ誰も死ねない」
ミクニ:音の中のパルスに、鏡像の端々に沈み行く死者の声を見送りながら「恨み言くらい言いにくればいいのに。それともミクニにはその価値はない?」ちらりとよぎった、やるせないような、やりきれないような色は浮かんでまたたゆたい沈む。
ミクニ:「ままならないな。ままならないよ。ねえ…」小さく唇を動かすが、誰の名をつぶやいたのかは聞き取れない。あるいはそれは誰でもなかったのかもしれなかった。

GM:はい、ではその呟きをもってこのシーンを終了したいと思います。よろしいですか?
ミクニ:はい。
GM:唇がアップになって動くけど、音声はなく、そのままフェイドアウトというイメージですね>シーン締め
篝 義暁:美しい!

GM:お疲れ様でした! では次、篝さん参りましょうか
篝 義暁:はーい! ドラマシーンいきます!
GM:了解でっす。では

■第1サイクル:篝義暁/蘇る悪夢

GM:シーン表(nap)どうぞ!
篝 義暁:nap
ShinobiGami :夜の遊園地表(10) → 無人のホラーハウス。機械仕掛けの幽霊や怪物たちがおどろおどろしく笑い蠢く中、あなたはそれとは異なる影が動くのを見た気がして立ち止まる。
篝 義暁:ホラーハウス!

GM:はいはい。了解です。画像ドーン!
※ここでGMはホラーハウスのカットイン画像を表示。
篝 義暁:おおおおおおっ!!
GM:こんなイメージでどうぞw
篝 義暁:素晴らしいなーこういうイメージ! おどろおどろしい!
篝 義暁:はーい。ではちょっと練ります。

GM:どうぞどうぞ。
篝 義暁: ミラーハウス。次いで、お化け屋敷。ミクニを追跡し、影から影へ。正面切った交叉は数度。互いに致命打を与えることなく、場面は移り変わる。
篝 義暁: 無人の内部を、歩き回る。ミクニの姿を求めて。すぐに気付いた。−−機械が動作している−−(何故?) 疑問と理解は刹那にして同時。ミクニが動作させたのだろう。物音を立てれば、奇襲を仕掛けやすい。
篝 義暁: 本来であれば、レールの上を乗り物でゆっくり走り、内部を見て回るものだろう。がたんごとんと、静かに機械音。そして物陰が揺らめく。……思い出した。誰ともなくひとりごちる。「以前……」此処に、来たとき。たしか乗り物は2人乗りで。雪花と自分で乗って−−
篝 義暁:そのとき。自分は、安全バーを。「壊したんだったな」同じように、左腕の義手で安全バーをもぎ取る。「−−そこだ!」機械ならぬ気配に向けて、ぶん投げる。
篝 義暁:騒音。破壊音。おどろおどろしいお化けたちが砕かれ、破片が飛び散る。−−だが、そこには既に、ミクニの姿はない。
篝 義暁:(そういえば、あのとき。雪花は−−)と、いうことで、《壊器術》で雪花の【秘密】を抜こうと思います、が、その前に!

GM:お?
篝 義暁:ミクニくん、「遁甲符」持っててかつ、雪花さんの【秘密】知りたいならシーンに登場するといいと思います!(保険)。
GM:慎重派だ!w
篝 義暁:HAHAHA  それで救われたことが何度も……(とおいめ
GM:うむ、大事なことですね!
ミクニ:「遁甲符」は…ないんだ。雪ねえの【秘密】は知りたいが。
篝 義暁:OKです! ならば運にかけます!
GM:頑張って!
篝 義暁:でやー!
篝 義暁:2D6>=5 (判定:壊器術)
ShinobiGami : (2D6>=5) → 5[2,3] → 5 → 成功

GM:おおおー!w あっぶない!
篝 義暁:ぎりぎりせーふ! あぶないあぶないっ!
ミクニ:おお(ぱちぱち)さり気に壊してるのがらしい(笑)
GM:おめでとうございます! では、雪花の【秘密】をお教えします。
GM:しかも、これは拡散情報です! つまりお二人に公開。
ミクニ:え?
篝 義暁:おっと、内容次第では公開しようと思ってましたが元からだった! どきどき。
GM:では、今から公開します!

雪花【秘密】:
拡散情報。
実はあなたはPC1とPC2を殺すべく麝香会総合病院によって送り込まれた刺客だった。仲間を装い、愛を偽り、隙を窺い、いつか2人を殺すつもりだった。
だが、共にいくつもの死線を潜り抜ける内、あなたの心に思ってもみなかった変化が訪れた。あなたはPC1を本気で愛してしまったのだ。このことは誰にも知られるわけにはいかない。組織にも、PC1にも。
この【秘密】が発覚した場合、クライマックスフェイズで麝香会総合病院武装看護師忍軍×2がPCたちを抹殺すべく参戦する。その場合、この【秘密】を知ったPCは自らの【使命】を「麝香会総合病院武装看護師忍軍を全滅させる」に変更することができる。

GM:こういうわけだったのです!
ミクニ:わあ(わあじゃありません)
篝 義暁:!? 前者までは想定していたけど、後者は完全に予想外だぁー!
ミクニ:しかもエロテロリストですよ(そこか)
GM:ちなみに何があったのかは【秘密】が全部公開された時にマスターシーンで説明いたします。
GM:というわけで、リアクションをどうぞ!
篝 義暁:はーいっ  麝香総合病院ってことは義暁はきっと(
篝 義暁: ……あの雪の晩のことは、よく覚えていない。雪原。白磁のような彼女の肌。赤。「ごめんなさい、本当は私……」触れる彼女の手。赤。ミクニの言葉。視界が赤く染まって、白と赤の記憶。失われた片腕。−−喪失感。混濁する。何故。何故だ。疑問は怒り、怒りは憎悪となって、俺の心を黒々と燃やす。
篝 義暁: ……頭痛。
篝 義暁: この遊園地に来て、ホラーハウスに入り。安全バーをもぎ取り。脳裏に蘇えった、遊園地での雪花。俺が起こしたトラブル。……誰かと話していた。あのときの疑惑。そのときは、ただの妬心と片付けたそれ。……頭痛がひどい。義暁は膝をつく。「……ぐ」 疑惑。疑念。ミクニの理由。深く考えられなかったそれ。一本の糸に−−「俺、は」頭を支える。ふらつく膝を叱咤し、立ち上がる。−−思考はクリアだ。この1年、かつてなかったほどに。
篝 義暁:「ミクニ。おまえがもしも」呟く。「−−もし、そうなら。俺は」気配を辿る。ミクニの去った方へ。「俺は−−」呟きは闇に木霊し、無意識のまま、左腕を撫でた。
篝 義暁:シーン以上です。おまたせしました!

GM:お疲れ様でした! カッコいい!
GM:では、これにてシーン終了とさせていただきます。
ミクニ:かっこいい(ほんわ)
篝 義暁:ミクニくんも可愛いっす!///

GM:そして第1サイクルの最後にマスターシーンを!

■マスターシーン:麝香会総合病院武装看護師忍軍/執刀開始(オペレーション・スタート)

GM:nap
ShinobiGami :夜の遊園地表(12) → 広場にそびえ立つ巨大なクリスマスツリー。あなたが近づくと、その煌びやかな電飾に一斉に明かりが灯る。
GM:では、このようなシーン!
※ここでGMはクリスマスツリーのカットイン画像を表示。
篝 義暁:おおおおおおっ!!
ミクニ:どきどき
GM:その煌びやかなツリーの前に、一つの人影が立ちます。
GM:黒いボンテージを思わせる改造看護服をその身にまとった妖艶なくノ一です。
※ここでGMはボンテージファッションの妖艶なナースのカットイン画像を表示。
GM:こんなのです!w
GM:そして背後に同じような姿のくノ一が現れ、跪いてこう言います。
武装看護師忍軍:「看護師長、患者(クランケ)2名、発見しました」
武装看護師忍軍:「よし。では、すみやかに執刀を開始します。行け!」
GM:「ハッ!」音もなく消えるくノ一。
武装看護師忍軍:「本当はあの二人が互いに消耗した後を狙いたかったところだが……まぁ、いい。さあ、手術を開始しよう」
GM:そう呟くと、彼女の姿も消え去り、次いでツリーの灯りも消え、後にはただ静寂だけが戻ります。
GM:というわけで、麝香会総合病院武装看護師忍軍のお姉さまたちがクライマックスフェイズに参戦いたします! よろしくね!
GM:さて、これにてこのシーンは終了です。

GM:はーい。では、予告した通り(※)、回想のマスターシーンから参りましょう。
※雑談で「かつて3人が遊園地で遊んだシーン」をやりましょうという相談がありました。
GM:まだ3人が仲良く笑って過ごしていた頃。遊園地に遊びに行った思い出のシーンです。

■マスターシーン/忘れえぬあの日の横顔

GM:篝さんは【秘密】を知ったショックから、遠い過去の記憶を思い出します。
GM:それはあの日から何度も忘れよう、振り払おうとしてはどうしても忘れられない思い出でした。
雪花:「みんなで遊園地に行きます」
GM:雪花が開口一番、こう言い出した時に、あなたたちは共に仰天して二の句が継げませんでした。
GM:切っ掛けはミクニくんが「遊園地なんて一度も行ったことがない」とポツリと呟いたことでした。
GM:なら、連れて行ってあげよう。もちろん、義暁も行くわよね? 私たちは血盟で結ばれた仲間ですものね?
GM:と、なかば強引に彼女のペースに引きずられ、あれよこれよという間に気が付けばあなたたちは遊園地の門の前でした。
雪花:「はい、到着! どう、ミクニくん! ここが遊園地よ!」とクルッとターンしてミクニくんを見る雪花。
ミクニ:こんなときどうしたらいいかが分からない。でも雪花の好意はとても伝わってくる。でも口から出てくるのは「…いいのかな」という、僅かに困惑の色が含まれた微妙な返事。
GM:その返事を見ると、雪花は優しくクスッと微笑んで、義暁の方を見ます。少し肩をすくめながら。
雪花:「いいの! 今日はめいいっぱい楽しむ日! もちろん義暁のおごりでね?」
篝 義暁:「敵わんな」苦笑しながら、眩しいものを見るように目を細め、雪花を見る。義暁に否はなかった。
篝 義暁:困惑するミクニの方に視線を向けて「おまえの好きなところに」行こう、と微笑んで。恥ずかしそうに「実を言えば、俺もそれほど詳しくない。悩むようなら、一緒に考えよう」

GM:「さあ、行きましょ!」とミクニくんと義暁の手を取って、門の中に入っていく雪花。ミクニくんと義暁さん、リアクションどうぞw
ミクニ:前髪がさあっと吹いた風に少し巻き上がる。目を嬉しそうに細めて、夢と希望に満ちた、やさしい、どこか懐かしい風景を、やさしい彼と彼女を見つめる。「三人で乗れるのあるかな…」
篝 義暁: 色取り取りの建物や風船。軽快な音楽。子どもたちのはしゃぎ声。闇とは無縁の、微笑ましい光景。日常を彩る非日常。こうして雪花、ミクニと出会わねば、こうした世界を幾ら経験したところで。−−"外”のものとしてしか、見なかったかもしれない。自らがこの日常に溶け込むことなど、−−考えもしなかった。彼らと、出会うまでは。
篝 義暁:「三人か」ミクニの背を押して、付いて行く。「探せば、あるんじゃないか」義暁の答えは、とくに深い意味を持つことなく。ただ、この場の空気に馴染み、飲まれまいとするに必死で−−


GM:そして、3人は様々なアトラクションを堪能しました。
GM:ジェットコースターではしゃいだり、メリーゴーランドから手を振ったり、ホラーハウスの設備を壊したりw
GM:そんな楽しそうな光景がモンタージュで流れていきます。
GM:雪花は普段はどちらかといえばクールな美女なのですが、この日ばかりは率先して皆を連れまわし、本当に楽しそうに笑っていました。
GM:あなたたちは、共に今でもその笑顔を忘れることができません。
GM:「楽しいね!」あなたたちを両腕の中に抱きしめながら、彼女はそう言いました。
ミクニ:「こうして、ずっと遊んでいたいな。ミクニと暁兄と雪ねえと、三人で」小さく、彼等だけに伝わる声で。笑うと、どことなく寂しそうに見える顔全体が一気に明るくなった。
篝 義暁: 珍しかった。なんといっても俺たちは忍び。ああも無邪気に笑うなんて、そうあることではなく。「ああ、まったくだ。いいもんだな、こういうのも−−」釣られて義暁も笑う。「いいものが見れたよ。来て良かった。本当に」
篝 義暁: 彼女の別の一面を見れたことが、ただ。そのときの義暁には嬉しかった。壁を作りがちだったミクニとも、距離が縮まった気がして。……ただ、純粋に。


GM:そして、楽しい時間はあっという間に過ぎて、最後に夜のパレードをあなたたちは見つめています。
GM:雪花を真ん中に挟んで、あなたたちは仲良く手をつないでいます。
GM:美しく流れていく光の奔流に目をやったまま、雪花が優しい声で言いました。
雪花:「ねえ、ミクニくん、義暁。今日は楽しかった?」
篝 義暁:「勿論。雪花は−−訊くまでもなさそうだな」彼女に釣られて、光の奔流に目をやる。……何を見て、何を想っているのだろう、と気になって。
ミクニ:もっふりしたコートの襟元のファーに鼻先まで埋めて「…うん!」と澄んだ声で。白い息がこぼれ、それは儚く夜気に霧散する。ファーに頬をすりつけるのが寒がりの小動物みたいだ。
雪花:「ねぇ、ミクニくん。私たちが生きるこの世界は、確かに残酷なことや醜いことが多すぎる。でもね。それだけじゃないって知ってほしかったの」
雪花:「美しいものや、楽しいことだって、この世にはたくさんあるんだって。これから、そういうものにだって沢山出会えるんだって、知ってほしかったの」
雪花:「私、今日のことを絶対に忘れない……忘れないよ」
ミクニ:「…雪ねえ?」予兆めいた何かの匂いの。楽しそうなのに、どこか悲しい…愛しい匂いを感じる。
ミクニ:(何か、怖がっている?)横顔が急に儚く思える。握った手をぎゅっと、今までよりも強く。

篝 義暁:「……」無言のまま、雪花とミクニを見つめる。「そうだな」忍びの生涯は時に儚い。今日の日が、いつまでもいつまでも続けばいい−−わかっている。そんなことは夢想に過ぎない。
篝 義暁:「俺も、忘れない。3人で、いまこうしていることを」雪花がミクニに伝えたいこと。雪花自身が体験している、無情なる忍びの世界。その中にある、彼女の葛藤。義暁自身の内にもあるそれ。「忘れない」手を握りしめて、ミクニの頭をぽんぽんと撫でた。


GM:では、これにて回想を終えたいと思います。よろしいですか?
ミクニ:はい(ちょっと泣けてる)
篝 義暁:はい、お疲れさまでした!
GM:いいシーンになりました! ありがとうごさいます!


posted by punchlow at 13:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。